ママ目線のあれやこれや  in USA


by mashumix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

少し落ち着きました。

先程までフリースジャケットのファスナーで遊んでいた娘は、フリースにくるまったまま寝てしまいました。子供の安らかに眠る横顔や、無邪気な笑顔…その存在に救われる毎日です。私と家族は無事にしています。



先日の地震、東北とは比較になりませんが、東京でもいままで感じたことのない強い揺れでした。どのぐらいの間だろう、とても長かったように思います。


私は部屋で母と電話をしていて、娘は昼寝中でした。揺れを感じて電話を切り、娘を抱えて部屋の真ん中へ…どんどん強くなる揺れでサイドボードの上のモノが落ちそうだったので、片手で床におろしました。あとは「お願い!揺れ止まれ!!」と心の中で祈り、娘を強く抱くのが精いっぱいでした。揺れが収まった後、上着を着て外へ。同じ建物に住む方の声を聞いてスルスルと緊張の糸がほどけました。


すぐに携帯で連絡を取ろうとしても、ことごとく不通…夫や家族にまったく連絡がつかないのが一番不安でした。


部屋に戻っても余震が強く、ふたたび外へ。主人の同僚の家族の方が、たまたま繋がった携帯をまわしてくれて、夫の声を聞くことがきました。その後、夫の両親とも、メールが通じました。


余震の不安はありながら外にいるのが寒い時間になり、ふたたび部屋へ。とりあえず娘の食事を作り食べさせている間も余震が続き、三半規管がおかしくなったようで船酔いのような気持ちの悪さでした。


お風呂は怖いので、7時ぐらいに娘を寝かせて夫を待つことに。ネットニュースで“帰宅難民”の文字を見てなかば諦めていたけど、徒歩で帰宅してくれました。あの時は、顔を見られて本当にうれしかった。



地震被害、津波被害、原発問題…こんなに地震が頻発する国に住んでいるのに、いざという時に備えておけない自分をふがいなく思うけれど、とにかく最前線で戦ってくれている人を信じて、身近な人を守ることに時間をさきたいです。ひとりでも多くの人が救われますように、早く、皆に普通の生活が戻りますように。



地震のニュースは海外でもすぐ報道されたようで、メールやフェイスブックに書き込みがありました。まさか日本に住む私が災害で心配される立場になるなんて…遠く離れた国で日本のニュースを見て、私の顔を思い出してくれたことはありがたかったし、こんな大災害の起こる日本の裏側には何事もなく日常を送る人が居ることにハッとしました。地球は大きい!そのことが日本のことばかり考えてふさぎこんでいた私に明るい希望をもたらしてくれました。

日本になにかあったら、きっと世界は手をさしのべてくれる…そんな勇気を得た気がしました。このことには、ほんとうに感謝しています。
[PR]
by mashumix | 2011-03-15 16:05 | つぶやき

カテゴリ

全体
つぶやき
住まい
食まわり
おしゃれ
妊娠・出産
育児(0歳)
育児(1歳~)
手作り
外出・旅行
英会話
はじめに
便利帳
お買い物
育児(2歳~)

タグ

(66)
(28)
(23)
(21)
(15)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

外部リンク

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧