ママ目線のあれやこれや  in USA


by mashumix

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ふたり旅(ソウル) ( 5 ) タグの人気記事

ERGO Backpack

d0143891_9315527.jpg

旅行中、便利だったものをひとつ。

今回の旅行は、ベビーカーを持たずに行きました。移動中は、ずっと抱っこかおんぶ。体への負担もあるので、ホテルから徒歩圏内の場所に出掛けて、ホテルに戻り休憩、また出掛けて…という感じで過ごしていました。スーツケースは、滞在中ホテルに置きっぱなしでした。

抱っこだと前も見づらいし、ちょっと手すりに手を伸ばしたい時に別持ちのママバックがわずらわしかったり…、ネットで検索したら一緒に使えるバックパックが見つかったので買い求めました。


d0143891_21152596.jpg

ERGOに入れた子供の背中側にくくりつけることもできるのですが、娘が小さいので写真のようにサンドイッチで背負っていました。肩紐が二重になるので、さぞかし…と思ったけれど、写真でみる限り気にならないと思います。上側の肩紐が滑ってずり落ちることもありませんでした。

バック本体もなかなか機能的で、肩紐を収納して手提げにすることもできます。メインの収納は大きくファスナーが開き、替えのおむつや、おしりふき、おやつ、食事セット、上着、帽子、ガイドブック、カメラなど入れていました。さらに、メイン収納内側の背中側に目立たないファスナーポケットが二つ、これを貴重品入れに。外側のファスナーポケットには、小銭入れや鍵、パーツ付きのポケット×2には、お手拭きや、日焼け止め、ぐずった時の小さなおもちゃを。サイドのメッシュポケットにに、ストローマグ…という感じで。

両手があくのが気に行って、帰国後もよく使っています。



ソウルにベビーカーを持っていってもほとんど使えない…みたいな意見が多かったけれど、個人的には、あってもよかったかも?と思いました。地下鉄は階段のみで×だけど、徒歩の移動には問題なさそう、日本とさほどかわりませんでした。人が多い場所では、抱っこひもの方が移動が断然楽ですし。なかなか悩ましいです~
[PR]
by mashumix | 2011-05-27 21:35 | 外出・旅行

ソウルの旅まとめ

d0143891_212891.jpg


3泊4日の旅は、あっという間に終了。ひとりで娘を連れて歩いていると、韓国人と間違われて話しかけられることも多かったです。逆に、日本人に遠目にエルゴ姿(娘をエルゴで抱っこして、お揃いのバックバックを背負って歩いてました)を見られてる感もあったし、おもしろい経験でした。

逢いたい人に会いに行く旅を、またしたいなぁと思いました。海外の友人とは、Facebookで連絡をとりあっているけど、やっぱり顔を合わせて一緒の時間を過ごすことの意味は大きかったです。これからいろんな土地の友人を、娘と訪ねたい…そして、東京を訪ねてくれる友人のもてなしも考えなくっちゃいけません。私は、やっぱり人が好きみたいです。私の英語は全然なってないけど、友達ならわかりあえる。アメリカ英語でも、イギリス英語でも、なーんでもよくて。表現より伝えたい気持ちの方が、大事なのかなと思います。“私の大切な人”というニュアンスは、娘にも伝わったかな?

次の旅はいつになるかわからないけど、それもまた楽しみ。
[PR]
by mashumix | 2011-05-26 22:09 | 外出・旅行

ソウルの美味しいもの

d0143891_20285327.jpg

はじめて、自分でオーダーしたピビムパプ。


韓国の食事は、安くて量が多いです。昼間は娘と二人でお店に入ることもあったけど、写真のピビムパプで4000ウォン、300円ぐらいかな?ご飯の量もだし、キムチをはじめとしたおまけの小皿だけでもすごい量…ゆうに2.5人前はあります。韓国の子達と食事をしても、濃いめの味付けだし残す量の方が多くて気になってしまうんだけど…日本に留学経験のある子が言うには、残すことにあまり罪悪感はないそう(彼らももちろん残します)。韓国人の気前のいい気質はこういうところからくるのかしら?と思ったり。


d0143891_20453510.jpg

地元っ子に焼いてもらったヤンニョムカルビ。タレを揉みこんであって、しっかり味のついた牛カルビです。大きな肉をハサミでカットしながら焼いていきます。お野菜やキムチといただきました。このキムチがまた!スパイシーだけど後をひかない辛さなのです。〆は、もちろん冷麺でした。他にも、石焼きピビムパプ、プルコギ、チゲ、プッチンゲ(チヂミ)…と、毎日美味しいもの三昧。

韓国料理といえば、赤く辛い料理ばかり思い浮かぶけど、チュク(エビやあわびのお粥)や、サムゲタンのような煮込み料理は娘でも大丈夫。白飯も、日本から持参したふりかけ(鮭とすりごま、おかかを空炒りしたもの)をかけたりして食べさせてました。他には、海苔巻きもあるし。カフェに行けばワプル(ワッフル)もあります。スーパーや八百屋、セブンイレブン、ファミリーマートの品ぞろえは、ほぼ日本と同じ。パン屋さんのパンやカステラも日本と同じ味でした。


d0143891_20451466.jpg

街でよく見かけるフレッシュジュースの看板。房の皮までスクイーズしたオレンジジュースが優しい甘さで美味しかったです。量もたっぷりで、娘とシェアしたり♪
[PR]
by mashumix | 2011-05-26 21:05 | 外出・旅行

ソウルの“ケ”

d0143891_0523826.jpg


ハレとケ。私が興味があるのは、断然“ケ”の方。

今回とった宿は、“鐘路3街”という地下鉄の駅の近くでした。娘のこともあるので、羽田⇔金浦の昼便にして割高だったので、安いけど安心して泊まれる場所を探しました。一泊、3000円もしない安宿で、韓国の友人からは「次来る時は、宿予約しないでウチに来い」と言われたので、不憫に思われたかもです(汗)安宿だけど、空港からの送迎付きにしてみました。自分でも、なんかちぐはぐでおもしろかったです。

そんな宿のまわりは、ディープな世界が広がっていて。毎日飽きずに歩きまわりました。写真をだだだだーっと、並べてみます。


d0143891_0532715.jpg



d0143891_0534876.jpg



d0143891_054188.jpg



d0143891_0541599.jpg



d0143891_0543082.jpg



d0143891_0545145.jpg



d0143891_055262.jpg



d0143891_0551497.jpg



d0143891_0552464.jpg



d0143891_0554482.jpg



d0143891_0555510.jpg

[PR]
by mashumix | 2011-05-26 01:01 | 外出・旅行

ソウルへ

d0143891_2219287.jpg


娘とふたりで、ソウルに出掛けてきました。

私は、夫の仕事の都合でアメリカに行った時に一年弱ほど語学学校通っていたのですが…その時すでに31歳で、高校までの英語なんてすっかり抜けきった状態でした。現役の学生と一緒に語学を勉強するのは到底無理があり、あっぷあっぷの状態だった私を、いつも助けてくれたのが韓国人のクラスメートでした。3.11以降、メールのやりとりも増えてたし、その優しさに触れたくなって行くことを決めました。韓国へは、これがはじめての旅行です。



d0143891_22181693.jpg


いつも韓国人の子達と、日本と韓国は良く似てるよね~なんて話していたんですが。実際行ってみて、それは間違いだったかも?と思うことの連続…ソウルは、東京を縮小した感じかな?なんて想像してたんだけど、いい意味で裏切られました。

ソウルの街の魅力は、コントラストだと思います。伝統的な文化と、最先端テクノロジーを融合した…と言ってしまえば日本似だけど。その見せ方のうまさたるや…まったく日本人とは異なる美意識を感じます。

広大な漢江、そびえたつ山、そしてその山をバックに朝鮮王朝を代表する最高の宮殿“景福宮”…そのスケールの大きさに、まず度肝を抜かれます。


d0143891_22183381.jpg


この写真だと、スケール感がなんとなく伝わるかな?ガイドブックを見て、いざ現地に向かうと「あれ?なんかこじんまり」ということがよくあるけど、その逆でした。とにかく広大な敷地にどでかい建物がいくつも(ひとつじゃないんですっ)あるという印象。



d0143891_22184585.jpg


細部に目をやれば、日本の歴史的建造物と違い巧妙な細工などはみられません。赤と緑といった補色をうまく利用して効果的に見せているなぁと思います。


d0143891_2219059.jpg


天井絵も、へたうま系。


d0143891_22191628.jpg


“景福宮”と対峙して、“世宗路”とそびえたつビル群。



d0143891_2363439.jpg


韓国の道路は信号がほとんどなく、非常時は滑走路に使えるよう計画されているのだとか。歩行者用の地下道もよく見かけました。広い道路を疾走する沢山の車、車、車。しかし、憩える緑も多く配されています。街路樹も、ほんとうに美しく管理されています。



d0143891_23451025.jpg
d0143891_231441.jpg


コントラストは、粗密の関係とも言い換えられるかもしれません。大きな建造物は、租。一歩入った路地や市場の喧騒は、密。

景観だけでなく、人にも。たとえば、柔和な気質の大人達と、語学にも長けて、スマートフォンやタブレットPCを使いこなすネットの申し子のような若者達…そんないろんなコントラストを肌で感じる旅行となりました。
[PR]
by mashumix | 2011-05-25 23:23 | 外出・旅行

カテゴリ

全体
つぶやき
住まい
食まわり
おしゃれ
妊娠・出産
育児(0歳)
育児(1歳~)
手作り
外出・旅行
英会話
はじめに
便利帳
お買い物
育児(2歳~)

タグ

(66)
(28)
(23)
(21)
(15)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

外部リンク

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧